ウツボグサの話

今回は、名前も姿形も特徴的で面白い、ウツボグサについての話です。

ウツボグサの形

こちら、変わった形をしたウツボグサ。花は舌のような形をしており、花穂の上から下へと順に咲いていきます。下の方が咲く頃には、上の部分は枯れてしまうそうです。

真上から見ると、マツムシソウのようですが、横から見ると段々に花が積み重なっているようで、面白い形です。

これはマツムシソウ

 

名前の由来

この花穂、何かに似てますよね・・・。パイナップルの皮のように見えませんか?!

昔の人は、この形をウツボに例えたことから、ウツボグサという名前がついたようです。ウツボ・・・魚のウツボ・・・?!

ここで言うウツボとは、靫=弓矢を入れて背負う筒状のもの。花穂が靫の形に似ていることから、靫草という名前になったそうです。魚のウツボとは関係ありません。

昔は、靫が身近なもの、誰もが連想できるものだったからこそついた名前なのでしょうか。今の時代、靫を背負っている人を見かけることはないので、名前の音だけ聞いても覚えづらいですが、名前の由来を知ると、花ってやっぱり面白いです。

 

枯れた姿とウツボグサの別名

ウツボグサは8月頃になるとこのような姿に。花穂は暗褐色になるものの、しっかりと靫の形のままです。触ってみると、カラッカラに乾燥していました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D47F1EBA-73A7-45B9-A0E9-D1B3E48634EA-1024x683.jpeg

ウツボグサは、夏になると枯れることから、漢名で夏枯草(かごそう)という別名も。山で咲く花が全盛期を迎える頃、ウツボグサは枯れ始めていきます。

その他、カッコウが鳴く頃に咲く花という意味で郭公草郭公花という名前もついています。

 

ウツボグサの効用と英名

ウツボグサは、漢方でも使われる花で、口内炎や扁桃炎の改善、腎炎や膀胱炎に対する利尿薬となります。ヨーロッパにはタイリンウツボグサが分布し、喉頭炎、扁桃腺炎などに利用されていたそうです。

英名は、self-heal(自然に治る)heal-all(何でも治す)というそうです。花の名前とは思えないような単語の並びです。

ウツボグサ

最後にウツボグサの基本情報を。

 

ウツボグサ・靫草/シソ科ウツボグサ属

多年草。原産は日本列島、アジア東部〜北東部。花の色は紫色のほか、ピンク、白がある。高山帯、亜高山帯にはタテヤマウツボグサ、ミヤマウツボグサなどが分布。

 

 

 

▶︎参考
日本薬学会

 

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました