ススキが揺れる、秋の平尾台へ

夏の平尾台に行った時、「次は秋の平尾台を歩いてみたい」とブログに書いてから早1年。日の出の時間に合わせて行ってきました!

夏の早朝に福岡のカルスト台地、平尾台へ
真夏の早朝に平尾台の最高峰・貫山へ。カルスト台地についてや、夏に咲いている花についての話です。

特にはっきりとしたルートは決めず、朝日を見て、カップラーメンとパンでお腹を満たし、ススキの中を歩きました。(結果的に歩いたのは茶ヶ床園地の駐車場から四方台、太平山の方です。)

午前7時頃。


四方台あたりから。じわじわと照らされる周防灘と、放射状の光から覗く向こうの山々が、印象的

 


日が上がった後もしばらく雲に覆われる平尾台

 

 


ススキの穂を捕まえようと手を伸ばしたら、道から外れて転げ落ちました、大変大変

 

 

 


サイヨウシャジン

 

シラヤマギク

歩き終えた後は、気になっていたひつじcafeへ。メニューはカレーのみ。OPENまで少し時間ががあったので、平尾台自然観察センターに寄り道して、展示物を見たり、今日見た花の名前を確認したりしました。


ひつじcafe

 


お腹も空いていたのでぺろっと一気に。また食べたくなる味です

 

季節ごとに違う雰囲気の平尾台。何度来ても、また来たい!と思える場所です。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました