自作キエーロ、始めます!

「家で花を育てるために必要な土が欲しい」、「生ゴミを土に還すと堆肥になる」この2つが頭の中にぼんやりとあり、1週間ほど前に色々調べていると、2つの点を結んでくれそうなキエーロというコンポストをインターネットで発見!

キエーロ葉山より引用

キエーロはとは、葉山にお住まいのご夫婦が考案された生ゴミを処理するコンポスト。コンポストというと、大きなバケツをひっ繰り返したような形のものを想像するかと思いますが、キエーロは、上のように箱型のものに黒土を入れ、“土と太陽と風の力を借りて生ごみを分解”する仕組みになっています。
上のものは、バクテリアdeキエーロといい箱には底がなく土に直接置くタイプ。ベランダdeキエーロは底があり、ベランダなんかに置いて管理することができます。
黒土のバクテリアと、太陽の光を通す蓋に風を通すような隙間、この条件さえ守れば、大きさや形は既製品通りでなくても自作で十分なのではないか、と検索。実際、使っている人や自作した人のブログを読んでみると、私でもできそう!な気がしたので、自作してみることにしました。臭いと虫が気になりますが、臭くなく虫も来ないとのことです。
特に下記2つのサイトを参考にしました。
▶︎キエーロ葉山
▶︎DIYでコンポスト自作

キエーロの材料調達

まずは木材とネジなどの細々したもの、黒土をホームセンターで購入。


木材は有料でカットしてもらいました


波型ポリカはカットサービスがなく、ハサミを借りてお店の外で切りました

防腐剤を塗っておきます

取手と掛金もつけました

写真の通り細くカットしてもらった枠部分の木は、木自体が良くなかったのか、幅が狭すぎたのか、途中3箇所折れてしまったので余っていた木で補強。

キエーロを設置

設置場所は10年以上前に畑として使っていた場所。今は誰も手をつける人がおらず雑草の森。草取りして耕していると、ミミズが慌てて逃げ出してました。ごめん、ここ、使わせてくれ。

右上は文旦の木

とりあえず畑の上に置いて…

黒土を入れてみました。

 16ℓ×5袋入れました。4袋で十分だったかな

畑の土でもいいと多くのサイトに書いてありましたが、虫が湧くのが怖く、初めてなのでまずは黒土に頼ることにします

この畑、草むしりしていると必ず2.3匹はミミズなりムカデなり見かけるんですが、昨日今日と2日分生ゴミを入れた今、臭くないし虫が寄り付いている様子もありません!

週明けには昨日今日の生ゴミが黒土のバクテリアによって分解されているはず・・・。キエーロの前に座って、じーっと観察したいくらいにはワクワクしています。

これから、気が向いたらキエーロの経過報告をブログにUPしていきたいと思います。

雑な制作記録です。参考までに…

 

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました