富士山とうどんの鍋割山

山頂でうどんが食べれるって?しかも鍋焼きうどん?そば派のあたしでも麺好きには変わりない。山×うどんなんて天国っ!

ということで涸沢以来、みんなで集合して初めてのお山は鍋割山です。アクセスは、小田急線で渋沢駅へ、そこからシャトルバスに揺られ10分ちょいで大倉。売店、トイレ、足洗い場があります。こうやってブログに残そうと真剣に考えてないしワクワクだし、バス停の写真はありません。。。
準備体操して、よし出発。バス停からは一軒家が並ぶ通りをてくてく。農家のお家かな?通り沿いの玄関に野菜が置いてあります。白菜××円、大根○○円の看板。スーパーの綺麗に整った野菜とは違って生き生きしてるような気がします、美味しそう。買いたいけど大根手にして山登りするのは…やめときます。コンクリート道から登山道らしくなるところには鹿よけの網。しばらく平坦な道が続きます。これが結構長いのでらくちんらくちん、歩くのが好きなあたしはいいですが早く登りたい人には退屈なのかな。紅葉が綺麗でした。燃えるような赤!

IMG_9706

IMG_9709

スターウォーズの最新作が出る頃だったのでその話をしながら歩いた記憶。6人中SW見たことある人が1人しかいなかったという!あんなに話題になってたのに!(すいませんあたしも見たことがないです) 仕事のことは忘れて〜そんな話あんな話こんな話しながらてくてくてくてく。

IMG_9707

川を渡って〜

IMG_9708

IMG_9710

12月。寒いのではないかとすっごい不安だったのが嘘みたいに夏よりも汗かいてんじゃないのってくらい暑い。このあたりの丹沢・大山あたりは夏はヒルが出るそうで、今の冬の時期が登山にはいいんだと。隊員みなさま情報。めもめも。夏はもっと暑いんだろうなあ。途中、寒いだろう、冷える体にはと隊長から生姜湯をいただきますが、暑いからもう体の心からぽかぽか通り越して汗だくだく〜。

IMG_9765

秋ですねー^^

何度も言いますがこんな感じでちゃんと記録残すとは考えておらず、時間もきっちりはからずで、どのくらいこの平坦な道をあるいたか覚えてない!ずーっとこのままじゃもちろん山頂には行けません。気づけば目の前に・・・ハイ、登ります・・・やっと山にきた〜って感じです。

IMG_9711

鍋割山疲れたよ、どう疲れたって?この写真見て!と言いたいんだが!肝心なここからの写真が!ない!撮ったのか撮って消したのか、そもそも撮ってないのか、覚えてない!

とにかく急な岩場が続きます。足が上がらなくなります。頭の中で好きな曲を流しても他のことを考えて気をそらそうとしても、足が上がりません。日々の運動不足が憎まれます・・・。岩場を過ぎて視界が開けたかと思うと階段地獄。ずーっと同じ景色。あれが山頂だ絶対そうだ、そうに違いない。と歩き続けます。しかし!下から見ると”そこ”が最終地点に見えても”そこ”の先が死角。”そこ”に辿り着くとまた目の前に同じ景色。うん、2回目、あれが山頂だ。あと一息頑張ろう。3度目の正直・・・あれが山頂!・・・じゃない・・・涙目

といった感じで5回は裏切られます、山頂がなかなか来ません。来てくれません。(山頂が来てくれる訳ではなく自分が山頂に向かって行かないといけないんだけど、山頂がこっち来いやと言いたくなるレベル)

それでも頑張れたのは、うどんが食べれるから。そう、その目的はしっかり頭にありますよ。でもでもでも。足は上がらない、階段地獄、夏のように暑い、そんなときはかき氷が食べたい!アイスが食べたい!
どっちも山頂にはないだろうけど、あるといいなあなんてブツブツ言いながら登り続けます。

丁度お昼時、鍋焼きうどんのために2時間並ばないと行けないらしいよ?なんて噂も聞いてましたが大丈夫でした、人は多いけどそんな行列はなさそうだ!山頂っ!鍋割山荘っ!

IMG_9712

鍋焼きうどん1000円です。場所とり係と注文係に分かれあたしは注文へ。
高校生かなあ。男の子4,5人グループが
“うどんが1000円?たかくねえ?ぼったくりじゃん!”
“おにぎりとかないの?”
“いや、たかいよ”
といったような会話をしておりました〜。
いや美味しいよ?山で1000円なんて安いよ?と口から出そうになったけどちょい待て。あたしが高校生だったら・・・1000円って大きいなあ、同じことを言うかもしれない。いつかあの男の子たちが大学生、社会人になってまだ山が好きで登る機会があってうどんを食べる日が来たら、このうどんの美味しさに気づいてほしいわあ、なんて。

山荘の中はテーブルもありました、宿泊もできるのかなあ。あ、おにぎりもあるよ。

IMG_9716

このお湯でどんどん1000円のうどんを作ってるのですね〜

IMG_9715

2時間なんて待たされることもなく、10分ほどで7人分できましたよ〜。どんっ!!!!!

IMG_9724

半熟の卵にきつね、しいたけ、なめこ、ほうれん草、カボチャの天ぷら。うんまそうううううう!けどまだ熱いし冷ますためにもお写真タイム。

目の前の富士山との構図に必死です。腹筋ぷるぷる。

IMG_9756

富士山なんとか雲から顔出してくれました。^^

IMG_9775

ぺろっと食べ終わった後は、みんなでお茶会です。持ち寄ったお菓子とコーヒーと。千葉出身のYお姉様は落花生のパイを持ってきてくださりました。うん、これまた美味しい。小学生のときの遠足のおやつの時間を贅沢にした感じですね。

IMG_9729

天気に恵まれて本当に良い山日和でした。綺麗に見える富士山にさよなら、気持ち良さそうにお昼寝タイムなおじさま方にもさよならして下山開始!

IMG_9777

上りとは打って変わって、階段すいすい、岩場すいすい。前回の武甲山はピストンではなく上りも下りもキツく特に帰りは膝に負担がすっごくかかる!でも今回はストレスなくルンルンです。気づいたらもうここ?あとちょっと?温泉がまってる〜〜〜ってことで次登りたい山は〜春はやっぱり尾瀬〜夏の涸沢リベンジは〜なんて次のお山の話をしながら妄想。

16時すぎにはもう暗くなりヘッドライトつけようかな?ってくらいでした。大倉バス停からバスにのり、渋沢から数駅、温泉に行きます。山のあとの温泉はたまりませんね、その後のビールもね!

今回のお山は天気にすっごく恵まれました。次は冬のスノーシューで集まれるといいねーってことで解散っ。2016年もたくさん登りたいなあ〜。ビールをのむAお姉様とお昼ね中のおじさまと富士山。お気に入りのお写真by my iPhoneでしめます。

IMG_9782

2016.4.1

COMMENT

  1. うどんっ!!!!!
    最後の景色素晴らしいどんっ!!!!!!!

    • ね!この景色はたまらん!晴れて良かった〜天気の神様に感謝感謝。

タイトルとURLをコピーしました