不安しかない涸沢 その1

仕事柄、カレンダーの青い日と赤い日が休み、ではないので月に1度2連休があるかないか。あればハッピー、これは旅行に行くしかないと調べるだけ調べて行った気分になり、結局行かないのが落ち。毎回調べてるうちに、ここに行きたいってのが増えてその1つが上高地。紅葉の涸沢の写真を見て一目惚れ。これは行かなきゃ!!!と、ツアーに申し込みました。


今回も新宿発着のバスツアーです。周りに山友達がいるわけでもなく、本屋さんやネットで情報収集。初めてだから、とにかく不安!服はこれでいいのか、何がいるのか、杖みたいなやつはは必要なのか、予備の服がないなぁどうしよう。初心者丸出し、そんなレベルです。とにかく前日まで楽しみ<不安でした。夜中も荷造りのため3時頃まで夜更かし。いつもならちゃちゃっと終わらせるのにあーでもないこーでもない。重いものが下?上?どこに何を入れたら取りやすい?

朝7時新宿集合。私みたいなド初心者はいるのだろうか、1人で来てる人なんているのか・・・大丈夫でしした。1人参加の人は多くて添乗のスタッフさんも参加者もすごく良い雰囲気、不安がほぐれます。

揺られること2時間半、諏訪湖ICで休憩&昼ごはん。いい天気〜。このまま3日間晴れてくれ〜。

IMG_8485

12時前に上高地バスターミナル到着。初上高地、初長野。ここが上高地かぁ!バスがたくさん、流石紅葉シーズンです。

IMG_8486

ここで私はハイドレーションの存在を知ります。水汲む?って言われて水筒持ってきたけど?と思い何のことやら見てると、ハイドレーション、便利な道具があるもんだ、これは欲しい!

参加者は20人ちょいだったかなぁ。輪になって自己紹介。毎年来てます、上高地2回目です、退職後の趣味で山始めました、山は毎週行ってます、◯◯バスの添乗員で今年は富士山に10回以上登りました。山の経験も出身地も年齢(20代から70代まで!!)も幅広い!私の親どころかばーちゃんじーちゃん世代まで!

準備体操をして、地図をもらい一通り流れを頭にいれて、さぁ出発!

初心者からすると初めての本格的な?山。山の格好した人たちの中に自分がいるのが不思議で、初めてライブに来た時みたいな、言葉にできない感情です、わくわく。

IMG_8488

少し歩けば登山者だけでなくバスツアーや日帰り観光で来てる人もたくさん、あの有名な河童橋。はい、初めて見る方、こちらが河童橋です。初めてこの景色を写真で見た時は日本かよココ!と思いました。

IMG_8489

サルもいました。

IMG_6477

川の色、これ全く編集してないです、ホントにこんな色!
ここから先は、スニーカー、歩きやすい格好であればスイスイ行けちゃうようなハイキングコースのような感じ。河童橋だけでも上高地〜って景色は堪能できますが、それだけじゃもったいない!

IMG_8494

img_0164
IMG_8499

IMG_8507

13時半頃、明神橋が見えてきました、宿までもうすぐです。

IMG_8512

 

 

IMG_8521

IMG_8518

渡って1分もしないうちに(?)1泊目の宿。明神館に到着です。

IMG_8524

普段あまり歩かない人にはキツイかもしれないですが、山登りが趣味な人にとっては物足りない1日目かな?

お部屋はこんな感じです。旅館みたい!バスの席が隣、お部屋も同じYお姉様に、シルバーウィークの槍ヶ岳の山小屋の話を聞いていて少しビビってたので、めちゃめちゃ嬉しい!2つの布団に5人ずつ、頭足頭足頭・・・で寝てたそうで、4泊5日、最終日までお風呂はナシ!私はあんまり気にならない人なのでうひゃー!楽しそうとも思うけど!

あとね!コンセントが一部屋2つはありました!涙!コンセント重要!(iPhone依存症

IMG_8525

荷物を置いて、お風呂・夕食の時間までしばらくあるので、すぐ歩いていける距離の明神池へ。風が少しあったけど、なければ綺麗な鏡、上手く撮れず〜。

IMG_8557

IMG_8559

2日目から雨の予報だったから、みんなで”晴れますように!!!”と神頼み。

IMG_8560

これでもかと写真を撮った後は隣にあるお店へ。

IMG_8571

ココにいるお魚たち、焼かれてます、美味しそう〜〜〜。

IMG_8561

一息ついて、お部屋にもどって荷物の整理。そ し て !!!!! 夕食の時間。食べることが大好きな私は、またココで大喜びです、明神館の夕食はこちら。(画面に収まりきれないこの量!そばもあるよ!笑)

IMG_8576

夕食中は館主さんが明神についての神話?や山の話、天気の話、興味深いお話をしてくれました。覚えてないけど!(だって目の前にこんなに美味しそうなご飯があるんだから) 宿の中も年齢層高めで、みんな味わって食べてるんだけど、一人がっついて食べてました。

夜、明神橋まで行ってみよう〜と言うことで6,7人でヘッドライドを片手に集合。橋まで行ってヘッドライトを消すと、信じられないくらいの星の数!!!一眼レフ欲しい!レンズ欲しい!眼鏡欲しい!(視力0.2なのにコンタクトも眼鏡もしておらず星がぼやける苦笑)

部屋に戻ったあとは23時の消灯まで自分たちが行った山の話、仕事の話、趣味の話を永遠と。部屋のメンバーが良いお姉様方でよかったあ。世代が20代30代40代と違って、黒電話って知ってる?掛け方わかんないでしょ?まわすんだよ?ポケベルなんて見たことないでしょ?昭和じゃないのか、平成?私の子供でもおかしくないのかあ〜!そんな話。

面白かったのは、山に登る女性の化粧事情。50代のおばさま方はちゃーんとファンデーションから化粧をきちっとするよねえ、私たち(30代40代)は日焼け止め塗って眉毛かくだけで化粧はしない。人前にでる=化粧をする、化粧をしない=失礼っていうのがしっかりとあるんだろうねえっていう話。なるほど。

まだ眠たくもないけれど2日目は山小屋、1人1つの布団でこんなにゆっくりは寝れないだろうからしっかり睡眠とらなきゃね!っていうことで消灯と同時におやすみなさい〜。

晴天、この調子で2日目も持ってくれないかなあ ▶︎2日目に続く▶︎

2016.4.6

COMMENT

  1. […] その1の続き。2日目がこのツアーの山場、全員が楽しみにしているカールの紅葉と夕焼け。でも予報は雨!山の天気は変わりやすいとよく言うし、山頂までどうにか雨降らんでくれー!!!!! […]

  2. […] その1の続き。2日目がこのツアーの山場、全員が楽しみにしているカールの紅葉と夕焼け。でも予報は雨!山の天気は変わりやすいとよく言うし、山頂までどうにか雨降らんでくれー!!!!! […]

  3. […] テントを買って約半年、平地の徳沢園と尾瀬で2回予行練習をして、さぁ本番。待ちに待った涸沢紅葉テント泊。(涸沢は3回目。2015年涸沢はこちら、2016年涸沢はまだ書いてません。)山を始めた1番のきっかけの場所にまさか毎年来ることになり、しかも2年後にはテントで寝てるなんて自分でも驚きです。 […]

タイトルとURLをコピーしました